偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使

女性

つらい頭痛

笑顔

一口に頭痛と言っても、様々な種類のものがあります。何を基準にして分類するかによって頭痛の種類が異なってきますが、痛みの特徴を基準にして分けると、偏頭痛と緊張型頭痛の2種類に分けることができます。両者の性質が混ざり合った混合型頭痛というものもありますが、痛みのパターンが2種類あると理解しておくのが無難です。頭痛が起こると普段通りに活動することができなくなってしまうので、とても困ります。特に、偏頭痛の場合は立っていることもできないような強い痛みが発生するため、悩んでいる人が多いです。痛みの他にめまいや吐き気などが起こるケースが多く、メニエール病と勘違いする人もいますが、メニエール病の場合は偏頭痛ほど強い頭痛は起こりません。偏頭痛発作が起こった場合は、暗くて静かな場所で安静を保つようにするのが一番です。強い音や光の刺激で頭痛が悪化してしまう可能性が高いので、注意する必要があります。また、痛みが起こっている部分を冷やすのも効果的です。市販の頭痛薬は効きませんから、起きて動ける状態になったら、医療機関を受診して治療を受けるようにした方がよいです。

緊張型頭痛の場合は、体に疲れが溜まっているなと感じているうちにジワジワと頭痛が発生するようになるケースが多いです。一方、偏頭痛の場合は、突然強烈な痛みが発生しますので、慌ててしまう人が多いです。ただし、偏頭痛の悩みを抱えている人の中には、いつも特定の前兆症状が起こってから頭痛が発生することがわかっている人がいます。よくあるのが、視界に異常が起こるケースです。視界が暗転する一方で物体の輪郭部分だけがキラキラと輝いて見えるという症状が起こった後で偏頭痛発作が起こるという人がたくさんいます。頭痛が起こってしまってからその治療を受けるよりも、前兆症状が起こった段階で発作を予防する治療を受けるようにした方がよいに決まっています。頭痛の前兆症状が現れてから頭痛発作が発生するまでの長さには個人差がありますが、発作の予防に重点を置いた治療を受けるようにするのが望ましいです。昔は、偏頭痛発作が起こった後になってから痛みを抑える注射を打つくらいしか治療方法がありませんでしたが、今では良い内服薬がたくさん開発されています。あらかじめ医療機関を受診して内服薬を処方してもらっておけば、自分で頭痛をコントロールすることができるようになります。

Copyright©2015 偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使 All Rights Reserved.