偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使

女性

あきらめないことが大切

薬を飲み過ぎていませんか

医者

偏頭痛は治らない病気だと思っていませんか。きちんと専門医の元で治療を行えば偏頭痛は治すことができます。一番怖いのは、たかが頭痛と放っておいて市販の頭痛薬に頼りっぱなしになり、薬を手放せなくなっている状態になることです。偏頭痛の初期の発作は、市販の頭痛薬を飲めば痛みが治まります。しかし市販の頭痛薬は痛みをごまかすための薬であって、痛みそのものを治療する薬ではありません。偏頭痛の発作が起こるたびに薬を服用すると、次第に薬の効き目がなくなってきます。症状がひどく寝込んだり,吐いたりする人はそうなるのが怖くて早めに薬を飲もうとしてしまいます。予防薬のように薬を飲み服用回数が増えると、薬物乱用頭痛といって薬の服用により痛みを引き起こす原因になってしまうのです。

原因となるものを知ろう

偏頭痛の治療には、偏頭痛の痛みを元から抑える薬を服用します。服用してしばらくするとあれだけ苦しかった頭痛もまるで嘘のように痛みが消えてしまうのです。また月に数回頭痛が起こったり、頭痛の症状がひどかったりする場合には普段から偏頭痛の発作が出ないような予防薬を処方してもらえます。偏頭痛の発作が出るのは、人によって理由はさまざまですが、人混みの中に出かけたり,炎天下の中で作業したりすると発作が出る人がいます。またワインやチョコレートといったポリフェノールを多く含んだ食品やチーズやコーヒーなどのとりすぎで頭痛が起こってしまうことがあるようです。自分でどのようなものが原因となって頭痛が起こるのかを知っておくと、それを避けることで偏頭痛の発作を抑えることができるのです。生活習慣も大きく左右されるので自分の生活を見直すことも必要でしょう。また、偏頭痛の対策を行なっているにも関わらず頭痛がひかない場合には、すぐに専門医を受診しましょう。頭痛外来のある病院または、神経内科のある病院を受診することをおすすめします。専門医であれば適切な治療を行ってくれるので、偏頭痛の改善につながるか偏頭痛は治らない病気ではありません。根気強く治療を続けることで必ず改善されますから、専門医とよく相談しながら治療を続けていきましょう。

Copyright©2015 偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使 All Rights Reserved.