偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使

女性

つらい頭痛は医師に相談

医者

日本国内で何らかの慢性頭痛を抱えている人は、少なくとも15歳以上の人口全体の4割に達すると言われ、このうち7割が「生活がおびやかされている」と実感しているとされています。慢性頭痛にはいくつかのタイプがありますが、ここでは偏頭痛に重点を置いてみていきます。偏頭痛は、通常4〜72時間続く、片側の拍動性頭痛の発作が大きな特徴です。大きく分けて前兆があるタイプ、ないタイプに分けられますが、この前兆というのは、頭痛が始まる前の60分以内、多くは15〜30分以内にみられる症状で、目の前にチカチカ・ギザギザした光が見えたり、視界の一部が欠けたり、手足の感覚異常や言語障害が出たりします。頭痛発作の痛みは、通常1〜2時間ほどで最大となります。偏頭痛の痛みは日常的な動作、例えば階段昇降や小走りなどの動作で増強することが多く、さらに発作中は吐き気や嘔吐が出現したり、光や音、においに過敏になって不快になったりする随伴症状が出ることもあります。また、女性の場合は月経前後に頭痛が出てくることがあり、特に月経前後偏頭痛として分類されています。発作の頻度は月1〜2回の人も居れば、週1〜2回と頻繁に起こる人も居り、中には発作中ずっと寝込むなど、仕事や学業、日常生活そのものに大きな悪影響を被る人もいます。

現代では、偏頭痛は頭痛外来を標榜する病院や、神経内科や精神科・心療内科などの脳神経に関わる診療科でおこないます。治療は主に、起こった発作をやわらげる頓挫とんざ療法と、もうひとつは偏頭痛発作がなるべく起こらないようにする予防療法に分けられます。発作回数が月に数回以内であれば、頓挫療法を中心に治療します。近年多く用いられるのはトリプタン系薬剤で、発作が始まったら早期に服用すれば、偏頭痛の原因となる顔面の血管の拡張、および末梢神経の異常な興奮などを効果的に抑えることができる、これまでの鎮痛剤にはなかった作用を持っています。また、軽度の頭痛であれば、市販の鎮痛薬でも対応可能です。いずれの鎮痛薬でも、過度の使用は控え、月10回以内を目安に使いましょう。発作回数が多かったり、一回の発作が強い人は、頓挫治療に予防治療を併用するのが好ましいです。Ca拮抗薬、β遮断薬、抗てんかん薬が保険適用となっており、いずれも脳に直接働きかけることで異常興奮を起こしにくくさせるという作用をもっています。通常3〜6ヶ月は予防治療を継続し、発作回数が少なくなったり程度が軽くなったら、徐々に減薬していく方向性となります。偏頭痛は、必ずしも完全に治るという保障が無い頭痛です。しかし、自分に合った治療を駆使すれば、頭痛の無い人と遜色が無い生活が出来ることを覚えておいてください。

違いや特徴

診察室

通常の頭痛と偏頭痛の違いはあまり理解されてません。しかし、この違いをしっかり理解しておくことで効果的な治療ができます。そしてまず、頭痛がいつもと違うように感じる場合や痛みが長い場合は、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

詳しくはコチラ

根気よく続けることが大切

看護師

偏頭痛の治療は、根気よく続けることが大切です。そして、まずはしっかりと脳の検査を受けることも大事です。受けたうえで、頭痛の原因が何からきているのかをしっかりと診察してもらって、薬などで頭痛を予防することです。

詳しくはコチラ

あきらめないことが大切

医者

偏頭痛は適切に治療を行えば治すことができる病気です。症状がひどい場合は、早めに専門医に診てもらうことが大事です。また偏頭痛が起こる原因を探ることにより発作の回数も減らすこともできますのであきらめずに治療を続けましょう。

詳しくはコチラ

ズキズキと頭が痛むなら

笑顔

偏頭痛は頭部の血管の拡張により引き起こされる、強い痛みを伴う頭痛です。その原因は詳細がわかっていません。治療には医師の診断による薬物投与を主として行い、あわせて生活環境の改善を心がけて対処していきます。

詳しくはコチラ

つらい頭痛

笑顔

偏頭痛の痛みは、脳の血管が拡張することによって起こります。炎症性の痛みですので、頭痛が起きた場合は、患部を冷やし、暗く静かな場所で安静を保つようにするのが一番です。また、市販の頭痛薬は効きませんので、早めに医療機関を受診して治療を受けるのが望ましいです。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 偏頭痛の治療を把握する|自分に合った治療を駆使 All Rights Reserved.